OPP袋はメリットとデメリットを考えて選びましょう


    OPP袋とは


    ご存知ない方がほとんどでしょうが、OPP袋のOPPとは、Oriented Polypropyleneを略したもので、正式名称は2軸延伸ポリプロピレンと言います。

    ポリプロピレンという材料を縦横方向に延伸し、透明なフィルム状にしたものがOPP袋です。

    一般的に透明袋として販売されている多くがOPP袋です。

    OPP袋の特徴はすでに延伸していることから、強度があり引っ張ってもほとんど伸びることはありませんが、フィルムを接合している部分は裂けやすくなっているので、使用する際には注意が必要です。

    他にもOPP袋は透明度が高く光沢があり、耐熱性は130度もあり、冷温環境下では強度が落ちる特徴を持っています。

    OPP袋は耐水性と防湿性に優れているため、雨に濡れても中身を汚さない特徴もありますが、中に液体や粉末などを入れるには適していないで、それ以外のものを入れて下さい。

    OPP袋に商品を入れて販売する包装用の袋としては最適で、デパートやショッピングセンターなど世界中のいろいろなお店で使用されています。


    関連記事
    OPP袋・OPP封筒を激安販売
    A4・OPP袋/OPP封筒の製造メーカー



    CPP袋


    OPP袋と同じような透明の袋にCPP袋というものがありますが、CPPとはCast Polypropyleneを略したもので、正式名称は無延伸ポリプロピレンです。

    見た目だけではOPP袋とほとんど見分けがつきませんが、CPP袋は違ってOPP袋のようなパリパリ感がなく、滑らかで伸びやすいのが特徴となっていて、OPP袋と比べると、若干透明度が落ちますが、素人が見ても区別がつかない程度の違いです。

    CPP袋の耐熱性は130度以上で、OPP袋よりもヒートシール性に優れています。

    またOPP袋と比較するとフチが裂けにくいのがメリットとなっています。



    OPP袋とCPP袋


    CPP袋の場合はひっぱり強度もありフチも裂けにくいため、厚みのある本や雑誌を入れるのに適していて、カタログを郵送する時に多用されていて、その反対に厚みのない小雑誌などを郵送する時にはOPP袋が利用されています。

    OPP袋とCPP袋が最も利用されているのはダイレクトメール用としてですが、基本的にダイレクトメールを送る時に使用されている透明の袋はOPP袋かCPP袋のどちらかです。

    したがってこれからダイレクトメールの利用を考えている方は、それぞれの特徴をよく考えて、どちらかを選んで便利に使用して下さい。

    いずれも紙封筒よりも値段が安く、軽い分送料コストも節約できます。


news

2015/01/08
OPP袋と似た袋とはを更新しました。
2015/12/22
OPP袋の用途を更新しました。
2015/12/19
OPP袋の特徴とはを更新しました。
2015/12/17
購入時の注意点を更新しました。
2015/12/10
メリットとデメリットを考えて選ぶを更新しました。
2015/12/02
OPP袋の選び方を更新しました。
2015/11/28
OPP袋とはを更新しました。